無為な日常
 
昨日と同じ今日、今日と同じ明日・・かい?
 



2007年11月30日を表示

聖なるかな

ふぅ、やっと終わった。とりあえず1週さたからレビュもどき。

とりあえずザウスの作品である永遠のアセリナの続編。舞台とかキャラとかはほとんど継承されては無いが、戦闘システム、永遠神剣などの世界観は引き継がれている。
あらすじは、学校ごと異世界に飛ばされた学生達の話 + 神々の闘いの当事者の転生体である主人公達、その因果との戦いを描いた話。

で、だ。どうしても前作と比べてしまうんだよねぇ。それもあまりよくない方向に。ホントに同じとこが作った作品か? と疑いたくなる。や、バルキリープロファイルほどではないが。

シナリオ:
一般学生どもが強すぎる。よくもまぁあそこまでポジティブにいけるものだ。や、理由は少しは分かるのだが。なんせ、
犠牲者が一人も出てない

俺は常々思ってたんだ、もし一人でも非戦闘員が死んだ場合、この物語はどうなったかと。
・・・非常に面白いことになりそうだ、俺的に。

それは置いといて、全体的なものは普通。前作の方がよかった感がある。というか、
言葉が通じることになんら不思議を持たんお前らが素敵だ

すごいぜ、異世界を渡り歩いてるくせに、どこに行っても日本語が通じるんだ。最初は神剣の力(無茶だが)かなと思ったが持ってない連中も普通に会話してるし、これではフォローが出来ん。
まぁ・・・言葉ネタは前作でやったからなぁ。さすがに二回目は・・・というか世界を渡る時点でしんどいね。

ついで、
ユーフォリアが完全におまけキャラなのが少し寂しい。
あと、ぜひクレスト物語がほしかった。

戦闘:
変わりすぎ。基本はともかく。
う~ん、テンポがなぁ。確かにグラフィックとか向上してるんだけど変わりにマシンスペックが・・・。や、俺のは決して悪くないし、むしろ良い方だが、それでもソフトウェア側の限界がある。結果、テンポが非常に悪くなった。というか、スキルを変更するたびにステイトを立ち上げるのが非常にストレスがたまる。
あと、前回と比べて属性ごとにだいぶ差が生まれた。
赤:弱くなったが妥当。むしろ前回が強すぎた。
青:弱くなりすぎた。攻撃弱い防御弱い、存在意義はバニッシュだけ。
緑:優遇された。サポートスキルが強く、またペネトレイトは後半のボスに必須。
黒:そこそこ強くなった。しかし元が弱いからなんとも。ソルラスカよりクレスト・ゼゥの方が強いのも仕様。
白:前作のレア。今作ではわんさか。青に変わる打撃要員で他でもかなり優遇される。

クレストたちは実はかなり強く、下手にメインキャラをだすより活躍してくれる。緑だけはメインが強すぎるので霞むけど。

で、後半はナルカナ一人で十分。ラスボスすら一人で戦います・・・というかこの方が楽。まぁ前作も同じようなモンだったし、いまさらだね。
前作といえば・・・ナルカナとユーフォリアは設定上もう少し強くてもいい気がするが。まぁ今でも十分強いのだけど。

総評:
評価としては中の下、二週目をする気が起きない。前作がよすぎた感もあるが。シナリオはもう少し煮詰めるべきだったし、戦闘はかなりメンドイ。

メモ:
時間が無い、もう少し詳しく書きたかったが・・・



11月30日(金)18:54 | トラックバック(0) | コメント(0) | ゲーム | 管理


(1/1ページ)


家電バーゲン | 放射能測定器 | 避難リュック | 本のバーゲン | 地震速報機
パスキット | さくらのVPS | じゃらん♪ | 禁断のケーキ | 楽天市場